翻訳機比較 オフライン対応可能おすすめ3機種

便利なインターネットですが、世界中どこでも繋がっているわけではありません。

海外の未開の地や日本の山岳地帯などまだまだネット環境が整っていない場所が多くあります。そんな環境でも使えるオフライン対応翻訳機をご紹介します。

外観はスマートフォン arrows hello(アローズハロー)

arrows hello(アローズハロー)はスマートフォンシリーズから生まれた翻訳機。大型タッチパネルでとっても使いやすいです。

オフラインでは日本語、英語、中国語(簡体字)の3言語が対応。カメラ翻訳も同じ言語が対応しています。


仕様

値段:29,800円(税抜)
言語数:28言語
双方向翻訳:可能
連続翻訳時間:9.7時間
オフライン環境での使用:可能

アローズハローについての詳細情報はコチラ

amazonで購入

楽天市場で購入

圧倒的軽さ ili(イリー)


本体の重さなんと42グラム。持ち運びやすさとオフライン対応で一方向3言語翻訳可能ならアクセスの悪い場所に持っていっても苦になりません!


仕様

値段:19,800円(税抜)
言語数:3言語
双方向翻訳:不可
連続翻訳時間:2時間
オフライン環境での使用:可能

イリーについての詳細情報はコチラ

amazonで購入 楽天市場で購入

訳機 Mayumi3(マユミ スリー)

Mayumi3(マユミ スリー)は86言語を翻訳できるという他を寄せ付けない翻訳可能言語数に、カメラ機能が付いているという高スペック翻訳機です。対応可能言語数は12。

カメラ翻訳可能言語
中国語・英語・韓国語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・ロシア語・イタリア語・アラビア語・ポルトガル語・トルコ語・ギリシャ語
仕様

値段:32,100円(税込)
言語数:85言語
双方向翻訳:可能
連続翻訳時間:7時間
オフライン環境での使用:可能

マユミ スリーについての詳細情報はコチラ

amazonで購入

楽天市場で購入