POCKETALK(ポケトーク)

74言語対応 自国語を互いに話しながら会話ができるPOCKETALK(ポケトーク)

POCKETALK(ポケトーク)の特徴といえばなんと言ってもその対応言語数。74言語に対応し、内蔵のモバイル通信機能で128の国と地域で設定不要で使えます。

これだけの言語に対応していれば大半の国は大丈夫だね

POCKETALK(ポケトーク)の特徴

ポイント1 74言語に対応
POCKETALK(ポケトーク)の対応言語数は74!

英語や中国語などはもちろん、マラーティー語やスンダ語など聞き慣れない言語まで網羅しています。翻訳後の文章を音声出力出来ない言語がありますが、これだけあれば大半の人と会話ができますね。

ポイント2 AI翻訳機
POCKETALK(ポケトーク)はオンラインで学習をすることで性能が常にアップグレードされています。そのためニュース原稿のような長文の翻訳も可能です。

ポイント3 翻訳履歴の保存は無制限
翻訳結果は、2言語のテキストをセットで自動保存されています。本体には1万件まで、クラウド上には無制限に保存され、いつでも再生可能。よく使用するフレーズは話さなくても出せるのは便利ですね。やり取りがセットで保存されているので語学学習でも使えます。

ポイント4 学習アプリ付き
パソコンやスマホで発音練習ができる無料の学習アプリ付きです。翻訳結果を教材にして、語学ソフト「ロゼッタストーン」の発音判定機能を使った発音練習ができます。また、英和辞書機能もあり英単語の詳しい説明を調べることも。13言語に対応。

 

POCKETALK(ポケトーク)基本スペック

価格 24,880円(税抜)~
サイズ 110mm x 59.8mm x 15.8mm
重量 100g
翻訳方法 双方向
対応言語数 74言語(英語・中国語・韓国語・ガリシア語など)
連続使用時間 7時間
対応インターネット環境 SIMカード・Wi-Fi
オフライン翻訳 不可
カメラ翻訳※ なし
ノイズキャンセル機能の有無 あり
その他 リピート機能、ストラップホールあり

公式サイトで購入

amazonで購入

楽天市場で購入

レンタルサービス