4つの旅行シチュエーションで選ぶ おすすめ翻訳機

「旅行に持っていくのに最適な翻訳機は?」

という質問に答えるためには”どんな旅行をするのか”が大事になってきます。

そこで、旅行のスタイルや場所によってどの翻訳機を使えばよいのかご紹介します。

荷物をなるべく軽くしたい人にオススメ機種

動き回るバックパッカーはもちろん、帰りにお土産をたくさん詰めて帰ってきたいので荷物をなるべく少なくしたいという人は少なくないと思います。

そんな方におすすめなのはワイヤレスイヤホンタイプの翻訳機。
Aibuds(アイブス)なら充電ケースが94×21.3×18.1mmと小型で、これに本体のイヤホンを入れたらとてもコンパクトに持ち運びができます!

アイブスの詳細情報はコチラ

電波のない地域に行く方にオススメ3機種

多くの翻訳機はWi-Fiなどインターネット環境下での使用を想定して作られています。しかし日本では当たり前のインターネットも、世界で見ればインタネットユーザーの数から算出した普及率はおよそ50%。世界人口の半分はまだインターネットを使っていない使えない環境に暮らしていることになります。

先進国を旅行していても、地方に行けばネット環境が悪く使えないということも・・・

その場合、ポケットWi-Fiを持っていくのもいいですが、オフラインでも対応できる翻訳機がオススメです。

翻訳機比較 オフライン対応可能おすすめ3機種』でおすすめの対応機種をご紹介しています。

観光に力を入れていない国に行く人にオススメ機種

観光に力を入れている国であれば公共機関や標識に英語が併記されていて、なんとなく書いてあることが分かりますが、そうでない場所は大変です。電車に乗る時、食事をする時、観光施設の入場料表記など現地語を翻訳ができると良いですね。
そこで役に立つのは文字翻訳機能です。カメラをかざすだけ、本体で写真を撮るだけで翻訳してくれます。中でもおすすめしたいのはスマートフォンシリーズから生まれた翻訳機arrows hello(アローズハロー)
これがあれば、音声だけでなく文字も読めて旅がより楽しくなること間違いなし!

アローズハローの詳細情報はコチラ

amazonで購入

楽天市場で購入

複数の国をまたぐ人にオススメ機種

複数国を周る場合や、旅行好きで様々な国を旅行で行く予定の方には3~4ヶ国語対応では心もとないかも知れません。たくさんの言語に対応している機種といえばMayumi3(マユミ スリー)です。

対応言語数なんと86言語

マユミ スリーの詳細情報はコチラ

amazonで購入

楽天市場で購入